32日目 ストーン1


ナメクジは、じめじめした所が大好きです。
だから乾燥しにくい石の下などに潜り込みます。
「ん!?」
ボクは、ふと思いました。
石をのけると、ナメクジやその他の虫は、
だいたい中心にいます。
そして、一斉に逃げ出します。
動きのおそいナメクジだけが、後に残ります。
こういった光景をほとんどの人が見ていると思います。
しかし、土と石は、ピタ!っとくっついています。
すき間がほとんど無いのです。
一体どうやって、中心まで進むのでしょうか?
さっそく実験開始です。
急いで庭の石を取りに向かいます。
なるべく大きな石です。
ありました。
手ごろな大きさです。
直径20センチくらいです。
「ぬお!」
取れません。
土に、めり込んでいます。
叩いたり、蹴ったりしますが、ピクリともしません。
掘ります。
園芸用のスコップで、掘ります。
大型シャベルに変え、掘ります。
穴掘り用鉄棒に変え、掘ります。

「氷山の一角」

そんな言葉が脳裏をよぎりました。
目の前の石は、40センチぐらい見えています。
そして、まだ埋まっています。
ドロだらけになったころには、日が沈んでいました。
明日また、掘ります。