33日目 ストーン2


雨が降っています。
ボクはカッパを装着します。
出ます!
バラバラバラ
カッパに雨が当たります。
ボクは、シャベルを振り回します。
ザクッ! ザクッ!
辺りは薄暗く、ホラー映画のようです。
それでも、シャベルを振り回します。
巨大な石の姿が少しずつ見えてきます。
直径40センチ。
深さ50センチ。
といったところでしょうか。
石の角にシャベルを差し込み、
ゆっくりと動かします。
テコの原理です。
動きます。
少しですが、石は確実に動くようになってきました。
ボクは、小さく微笑みます。
ふくらんだ頬に、雨のしずくが足跡を残します。
ボクは、石の側面に両手を差し込みます。
「・・・ぬぉぉぉお!」
持ち上げます。
両手と両足が、ブルブル震えて、
ゼンマイ人形のようです。
ドスン!
と、にぶく低い音がして、石が転がります。
・・・・。
やり遂げました。
とうとう、ほじくり出したのです。
この大きな石を2日がかりで、
ほじくり出したのです。
ボクはこの時、最大の喜びを全身に感じました。
まったく動かなかった石を動かしたのです。
なんと、すばらしいことでしょう!
やり遂げた余韻を楽しみながら、
ボクは、お風呂に入りました。