56日目 分解


ボクは今、たたずんでいます。
壊れた水槽の前で。
指の間をかきむしりながら。
壊れた水槽と言うと間違いですね。
壊した水槽です。

人はよく(子供は特に)
「壊れた~!」
と言いますが、
あれは『 壊れた 』のではなく、
99パーセント『 壊した 』ものです。
何もしないのに壊れるものなんて、
そうそうあるもんじゃないです。
などと『 壊れたについて 』を語ってもしかた無いです。
この壊した水槽をなんとかしなくてはいけません。
勿論、中のナメクジ軍団は救出しております。
ゴールドブレンドの中にいます。
とりあえず、今このゴミと化した水槽を分解します。
トラックで廻っている粗大ゴミの収集業者にお願いすると、
「にぃちゃん。これやったら、
 プラスチックとガラスやから、2000円ね!」
と、何がなんだか分からないうちにボラれそうだから、
しません。
しませんよ、ボクは。
で、

ノミ。

ノミ、持って来ましたよ。
これをトンカチで叩いて、
プラスチックの縁とガラスを分離させるわけですね。

トン、トン、トン。

あんまり強く叩いたら、ガラスが割れるので、
ボクはやさしく叩きます。

トン、トン、トン。

いい感じですよ。
ノミが、ちょうど隙間にめり込んでいます。
ほんのわずかに進んでいます。
そう、数ミリずつ、
ゆっくりと、ゆっくりと。

トン、トン、トン。

どれぐらいでしょうか?
20回ぐらい叩いたころでしょうか?
プラスチックとガラスの間にめり込んでいたノミが
無抵抗に宙を舞いました。
そして炸裂音。
飛び散ったね。
粉々よ。
ガラス。
・・・・。
ほんと、何やってんでしょうか?