62日目 スピーカー


スピーカーがあります。
ツイーター、スコーカー、ウーハーの3ウェイスピーカーです。
「なんだよそれ?」
とか思う人もいるかもしれませんが説明などしません。
しませんよ、ボクは。
「・・・・」
簡単に言うと、
ツイーター(高音)小さな一番上についてる奴。
スコーカー(中音)真ん中に位置している奴。
ウーハー (低音)一番下のでっかい奴。
です。

Q)ではこのスピーカーをどうするのか?
A)ヘルメットとベルに音楽を聴かせます。

Q)なぜ音楽を聴かせるのか?
A)テレビで「植物に音楽を聴かせるといい」と言ってたから。

早速聴かせます。
勿論、名曲と呼ばれるものでなければなりません。
「シューベルト」の「白鳥の歌」を聴かせます。
CDをセットします。
以前、双子の店員に驚かされながらも手に入れたアクリルケースに入れた、
ヘルメットとベルをスピーカーの前に置きます。
♪~♪~~♪~
やさしいです。
シューベルトはやわらかく、それでいてさびしい気持ちにさせます。
きっとヘルメットとベルもそんな気持ちになっていることでしょう。
2回聴かせます。
気のせいか、ヘルメットとベルもやさしい動きです。
ボクはうれしくなり、少し楽しくなる曲も聴かせてあげます。
パンクロックです。
♪!♪!★!♪☆
「おぉ!」
さっきとはまるで反応が違います。
ムニョムニョ動いています。
偶然かもしれません。
でもボクはもっとリズムに乗ってほしくなりました。
スピーカーを上にして寝かせます。
CDをスタートします。
「ドンドンドン」
とバスドラムが鳴るたびに
ウーハー(低音のでっかい奴)がバウンドします。
ここでいったんCD止めます。
どんぶりのようなウーハー(低音のでっかい奴)に
ヘルメットとベルを入れます。
CDをスタートします。
「ドンドンドン」
とバスドラムに合わせて、
ヘルメットとベルがポンポン飛び跳ねます。
ボクは、もっと飛び跳ねてもらいたくて
ボリュームを上げます。
「ドン!ドン!ドン!」
とかなり勢いよく、はじき飛ばされています。
ヘルメットとベルは、
まるでトランポリン選手です。





(62)