76日目 アポロ計画


来ましたよ、海!
ビーチね。
まぶしい太陽。
青い空。
波の音。
白い砂浜。
いいね~。
と言ってもすぐ近くにあるんですね、海。
近いとなかなか行かないもんです。
しかし、暑い。
というより、熱いね。
こげるね。
ボクは早速、Gパンを脱ぎ、海パンになります。
足についた砂がGパンにつかないように慎重に脱ぎますよ。
などとやっていたら、ひっくり返って砂まみれになりました。
で、ふっ切れたね。
もう、どうでもいい感じ。
だって目の前には海がありますからね。
小さいことには気にしないんですよ。
ボクは、海パンとTシャツになりました。
(去年、背中が焼けて寝られなくなったのでTシャツ着ています)
よーし、
Go!!!
バシャ、バシャ、バシャ!
走るよボクは。
バシャ、バシャ、バシャ!
海岸線をひたすら走るよ。
バシャ、バシャ、バシャ!
え?
何をやっているかって?
なぜ泳がないのかって?
いいじゃない、そんなこと。
だって今日は実験に来たんですから。
ボクは、走りくたびれたので、実験に移ります。
まず、人が多いところからちょっと離れます。
その間に、捨ててあるペットボトルを2本拾います。
「なかなか、いい事するじゃない」
とか言いなさんな。
これは実験に使うんですよ。
この辺りでいいかな~
という所で、ガチャガチャのカプセルを取り出します。
小さめのタイプの奴ね。
あ、これ、あらかじめヘルメットを入れてます。
セロテープでグルグル巻いて防水にしてます。
で、ちょっと回りを見回しますよ。
今回の実験は、人がいると危険だからです。
後ろの方に何人かいますが、この距離なら大丈夫でしょう。
今回ヘルメットにはアポロ計画をしてもらいます。
アポロ計画とは、名前の通りロケット体験です。
アポロは宇宙に飛び出し、海へと着水します。
それ。
それをします。
カプセルに入ったヘルメットを
ロケット花火でブッ放そう作戦です。
さーて、やりますよ。
まっ昼間から。
ドンッ!
ボクは前に倒れました。
後ろから押されたんですね。
しかも、
「邪魔、じゃまなんだよ!」
などと茶髪のイカツイ兄ちゃんに言われました。
ボクは、アポロ実験をこれから行おうとしていた矢先の出来事に
とまどいました。
茶髪の2人組は、バシャバシャ!と海に入って行きます。
するとそこに2台の水上バイクがやってきました。
2台の水上バイクは2人乗りです。
ボクを突き飛ばした2人は
それぞれの水上バイクの後ろにまたがりました。
ブオォッ!
水上バイクは爆音と水しぶきを上げて走り出します。
かっこいいですね、水上バイクは。
いいな~と思いながら見ていると、
2台の水上バイクは遊泳区域を走り回っています。
人がうようよいる中を走り回っているんですね。
どうやら、そのおかげで、泳いでいた人達が砂浜まで
非難してるようなんです。
これはいけないね。
ボクは思いました。
というより、突き倒されてますからね。ボクは。
2台の水上バイクは、
人の少ないこっち側に来ましたよ。
で、点けました。
火。
着火ですよ。
ロケット花火に。
ペットボトルの容器に差し込んでますから、
ほぼ水平にして狙います。
シュぱぁ!
・・・・
バンッ!!
おしい!
おしいですよ。
手前で爆発しました。
2台の水上バイクはエンジンの音のせいか気付いていません。
でも浜辺の人達は何人かが気付いて、こっちを指差してますよ。
茶髪4人組が気付いたら最後なので、まとめていきます。
2個のペットボトルにロケット3本づつ入れます。
で、着火!
シュぱ、シュポ、シュパ、シュぽ!
・・・・
バッバッバッバンッ!!
くぅ~!
非常~に、おしい!
もうちょっとでしたよ。
お!
どうやら気付いたようですよ。
茶髪の4人組。
こっち向かって来ました。
いそげ!
急ぐんだ!
ボクは急いでロケットを用意します。
あせって、ペットボトルになかなか入りません。
ロケット花火が・・・
「逃げろよ」
とか言うな!
今、必死に着火してるんだから。
点いた!
点きましたよ。
「てめぇ!この野郎!!」
お!
茶髪の4人組は波打ち際まで来てますよ。
発射!!
シュぱ、シュポ、シュパ、シュぽ!
で、逃げました。
ボクは荷物つかんで逃げましたね。
ペットボトルは放り投げます。
後ろからロケット花火の破裂音が聞こえました。
「うゲッ!」
とか言う叫び声も聞こえましたが、
茶髪の4人組に、当たったかどうか判りません。
でもボクは思いました。
次こそアポロ計画を成功させるゾー!