112日目 戦士


ボクはウキウキしております。
だって、顕微鏡でナメクジが見れるからです。
メスがないとか、エビ卵がないとかは、
もうどうでもいいのです。
なぜなら、顕微鏡でナメクジが見れるからです。
さあ、さっそく見ますよ。
まず、ナメクジの子供をガラス棒で取ります。
「ガラス棒?」
そうよ、
PK-100付属のガラス棒よ。
もう、わりばしの時代は終わったね。
これからは、白衣やね。
ボクの気分は研究者の白衣に衣替えなのです。
そうしているうちにボクは一匹つかまえましたよ。
このナメクジの子供をガラスの上に乗せます。
そしてその上からかぶせます。
念願のカバーグラスです。
薄いガラスのカバーです。
正方形です。
この薄いガラスを手に入れるために長い年月が過ぎました。
長い長い戦いでした。
戦略につぐ戦略。
そして、さまざまな駆け引き。
その戦いに勝利したボクは今、
戦士となったのです。
白衣の戦士です。
・・・・。
「白衣の天使にかけただけやん( ´,_ゝ`)プッ 」
とか言うな!
必死だったんだから。
さ、置きますよ。
カバーグラスを。
ん?
なんか斜めになってますよ。
ナメクジの子供の上に乗っかって、
カバーグラスが、斜めになってます。
しかも、その下では、
ナメクジの子供が動き回っておりますよ。
ナメクジの子供は、
あっちに行ったり、こっちに行ったりしております。
自由自在です。
ぬぉぉぉぉお!
なにが、
「自由自在です」
だ!
ふざけなさんな!
これでは、なんの意味も無いのです。
動かないようにするために、購入したのです。
そのためだけに、手に入れたのです。
戦士となって。
白衣の戦士となって・・・
ボクは、絶望の崖っぷちに追い込まれました。
ボクは、これから一体どうしたらいいのか、
途方に暮れてしまいそうになりました。
でもボクは、思い出しました。
ボクが今日、自動販売機に200円入れてコーラを買ったら、
おつりが160円出てきました。
そのおつりが、ボクが買った時に出てきたのか、
前の人が80円取り忘れたのかは、問題ではありません。
ここで問題なのは、
120円のコーラが40円で買えたことです。
それを思い出したのです。
その喜びに比べたら、
なんともちっぽけな悩みです。
だから、ボクは今、とっても幸せな気分です。