129日目 エクソシズム


小さいハエが一匹います。
ボクの部屋に。
このハエは、ショウジョウバエです。
なぜならボクは、小さいハエは、
全部ショウジョウバエだと思い込んでいるからです。
ボクは、ショウジョウバエを輪ゴムで狙います。
パチン!
なかなか当たりません。
パチン!
ボクは狙います。
パチン!
輪ゴムをあざ笑うかのように、
絶妙にかいくぐるショウジョウバエ。
パチン!
頭に血がのぼってきたボクは、輪ゴムを5つ束にして、
パチン!
輪ゴムを拾うことなく、狙いつづけます。
パチン!
ボクは、おどろきました。
びっくりしました。
水槽の中に輪ゴムがはじけ飛んだと思ったら、
雨雲のような、ショウジョウバエの大群が、出てきました。
昆虫大パニックです。
ボクはイスから転げ落ちたりします。
腰をベットの角で打ったりもします。
アクション・スペクタクルなのです。
なぜかショウジョウバエは、ボクの頭に群がります。
黒か?
ショウジョウバエは、
黒に反応するのか!
だからウンコに集まるのか!
オレの頭はウンコなのか!
とか思うヒマはありません。
音もなく飛び交う無数のゴマ粒が、ボクを襲うのです。
殺人バエの逆襲なのです。
輪ゴムなんか、何の役にも立たないのです。
プシューーー!
ボクは、キンチョールをふきかけます。
プシューーー!
たちまちに、絶命する無数のゴマ粒たち。
プシューーー!
部屋中の悪霊に、十字架を振り回すかのように、
ボクは、キンチョールを手に戦います。
一番ひどい水槽の中にも、
プシューーー!
ですよ。
・・・・。
さぁ、ヘルメットとベルの運命やいかに!

--------------------------------
追記 
<自転車の名前>

決まりました。
これ



185票も入っておりました。
ありがとうございました。

で、これを書き込んでくれたのは誰なんでしょう?
・・・。
ま、とにかく、
ありがとうございました。