159日目 汗と歓声


最高のジオラマの土台が完成いたしました。
そう、これは土台。
あくまで土台なのです。
これでは、みこしをかついでいない男衆と同じです。
フンドシまでして、吹き出物のできた尻を丸出しにしている、
男衆と同じです。
そこまでしているのなら、
みこしを与えようではありませんか。
ジオラマといえば、
TA・MI・YA
そう、世界に誇る田宮模型です。
世界最高水準の精巧さを見せつける、
田宮模型です。
間違っても、メードインUSAは買ってはいけません。
なぜならメードインUSAのプラモデルは、
表紙にだまされるからです。
そして、パテが必要とされるからです。
ゼッタイにパーツがくっつかないから、
巨大なすき間が空きまくります。
だから、すき間を埋めるパテが必要になるのです。
これは、100パーセントです。
いいですか、
間違っても、メードインUSAのプラモデルは、
買ってはいけません。
それでも買うというのなら、
パテも一緒に買っておくことをオススメいたします。
そしてその心配が全くないのが、
田宮模型です。
表紙も結構イイです。
ジオラマで、田宮模型とくれば、
もう分かりますよね。
そう、たたかう車。
戦車です。
ガンダムとか言っちゃいけません。
田宮の原点を求めるなら戦車です。
だからボクは、買って来ましたよ。
戦車。
これでジオラマが完成するのです。
男衆の汗と歓声が聞こえてくるのです。