193日目 進む道


いま思うとあれはムカデの寝床だったんです。
ムカデが寝ているところにノコノコ指を突っ込んだのが悪いんです。
それは、人間がジャングルの木を切って、
森で生活している動物に逆襲されたのと同じことです。
そう、人間とは自分の欲望のために自然を破壊し、
破壊することでモノを造り、大量のゴミを出す生き物なのです。
そんな事をしているので、逆襲されて当たり前なのです。
というようなことを奇妙な髪形の専門家がテレビで言っていました。
だけど今のボクには、環境破壊よりも大切なことがあります。
それは、環境を守る前に自分を守るということです。
ボクは、自分の左手中指の先端を守るのです。
消毒を繰り返しバンソウコウを貼るのです。
「水仕事も出来ます」
などと書かれた上位クラスのヤツです。
だけど付けたまま手を洗うと、100%完璧にふやけるので、
貼り直さないといけない上位クラスのヤツです。
この作業は、ボクにとって環境破壊よりも、
最優先で大切なことなのです。
明日の環境問題よりも、今を生きることが大切なのです。
そう、そして人は破滅へと向かうのです。
ああ世紀末。